【新築の種類と選び方】 #5 理想の間取りを考えよう。マイホームデザイナー紹介

間取りを考える必要性とは?

理想とする家が具体的に、どのような状態か。

自分がどの程度の家の大きさ、部屋のサイズ、

キッチンやお風呂、どんなところにこだわりを持って立てるなど、

イメージを具体化する作業です。

基本的には、ハウスメーカーに相談する前に、

どんな間取りにするか少し考えたほうが、オススメです。

間取りを考える時の方法について

それぞれ、やり方があると思うので、

紙で書いてもいいし、エクセルを使って作成するでもいいと思います。

作成するときは、総合住宅展示場の情報を参考するのもいいですが、

一度、売り出し中の建売住宅の間取りを参考にするとよいです。

基本的には、無難な間取りになりつつも、最近のオススメ、

流行を抑えており、プロが考える間取りになっているからです。

なので、そういうアイディアを取り込みつつ、作成すると良いと思います。

マイホームデザイナーをオススメする理由

簡単に間取りを作れる点です。

手直しも簡単。紙で書くよりも、エクセルで作るよりも簡単。

家具の配置もできるため、部屋の大きさが把握しやすく。

具体的なイメージを持って間取りを作れる。

大抵の人は、どんな家具を置きたいか考えるため、

家具のデーターもあるマイホームデザイナーは結構オススメです。

マイホームデザイナーいくらくらい?

ざっくりと1万円以下

操作も簡単なので、オススメです。

それを元に間取りを見せて、考えてもらうと、

ハウスメーカーも簡単に、理想の家を提案してくると思います。

スポンサーリンク