【新築の種類と選び方】 #4 ハウスメーカーのフランチャイズとメリットデメリット

ハウスメーカーのフランジャイズとは?

基本的考え方は、コンビニエンスストアと同じです。

フランジャイズメーカーの商品が扱えるという点が大きい。

なので、個人の工務店だと下手したら1個ずつの仕入れに対して、

フランチャイズの単位の仕入れになるから、仕入れ価格が大きく下げる事が出来る。

なので、安くて、良いモノを入手できるのがフランジャイズメーカーの魅力ではないでしょうか?

フランジャイズメーカーの特徴

それぞれ、得意な製品が違うので、

あるメーカーは壁材に強かったり、あるメーカーはメーカー特化型になっていたりします。

具体的には、メーカー特化の場合は、リクシルの商品を、基本的に使う事で安くなる。

など、違いがあります。

地元の工務店は、家、建て壊し、造成、場合により造園。

など、多岐にわたってやっている所が多いです。

また公共工事や、大型施設の建設もやっている所も多いのが特徴。

なので、ハウスメーカーにお願いしたとしても、建て壊しがあったり、

駐車場を作りたいという事があるならば、工務店の出番であるという事である。

フランジャイズメーカーだといいとこどりできるの?

基本的にできると思います。

地元の工務店でありながら、フランジャイズメーカーとして、いいものを安く使える利点があります。

ただし、あくまでフランチャイズの為、倒産リスク、保証体制は個々の工務店の力によるところが大きい。

フランジャイズハウスメーカーってオススメ?

基本的にはオススメ。

しかし、フランチャイズの商品は安くなるが、他の商品は高くなる(通常)なので、

個々のフランチャイズのメーカーが自分とあっているか、どうかによるところも大きい。

自分がそのフランジャイズメーカーの商品が良くて、気に入っている。

もしくは、気に入ったのならば、安くてオススメできると思う。

スポンサーリンク