WordPress

自分のサイトの内容がコピーされたれた検知してくれるWordPressプラグイン(Check Copy Contents)

スポンサーリンク




自分のサイトの内容がコピーされたれた検知してくれる「WordPressプラグイン」です。

コピーされた内容、先を通知してくれるWordPressプラグインなので、

コピーされた先のURLがメール形式で送信されます。

スポンサーリンク

プラグインから、検索

Check Copy Contents

を検索しましょう。

有効化から、

設定をクリックします。

CCC設定について

感知する文字数ですが、

1文字から検知されますが、

超敏感:1文字

タイトル程度から:10文字

明らかなパクリ、盗作:30文字

くらいがいいかと思います。

ちなみに自分自身がコピーした内容も感知するみたいなので、

適度に導入することをおすすめします。

所感

当然ページ数が多くなると、コピーされやすく。

いい記事ほど当然コピーされます。

手動で打った場合は、検知されないので、

気にしないというのも一つの手ではあると思います。

 

スポンサーリンク





関連記事


人気サーバーランキング


おすすめ記事

自己紹介

フリーソフト好きな管理人が、自分のオススメするフリーソフトを勝手に乗せるサイトです。 ワードプレスについてはまだまだ勉強中です~。

最近の記事

  1. 2019.02.20 | アンインストール

    不要ファイルを完全に破壊して削除できる「File sherdder」
    通常の場合、不要なファイルをゴミ捨てて、「ごみ箱を空にする」…
  2. 2019.02.19 | freesoft, windows10

    ダウンロード速度を高速化「Ninja Download Manager」
    Ninja Download Managerは、ダウンロード…
  3. 2019.02.18 | フリーゲーム

    やりこみ系フリーゲーム『レミュオールの錬金術師』
    ■レミュオールの錬金術師とは?仕入れた商品を加工し、それ…
  4. WordPress

    2019.02.17 | WordPress

    WordPressを元のデザインで更新できる「Classic Editor」
    WordPressを元のデザインで更新できる「Classic…
  5. サイトカスタマイズ

    2019.01.30 | ファイル編集, フリーソフト

    インストール不要で、ファイル変換可能なフリーソフト『ファイル名変更君』
    ファイル名・フォルダ名をまとめて変更するソフトです。…

カテゴリー