WordPress

自分のサイトの内容がコピーされたれた検知してくれるWordPressプラグイン(Check Copy Contents)

スポンサーリンク




自分のサイトの内容がコピーされたれた検知してくれる「WordPressプラグイン」です。

コピーされた内容、先を通知してくれるWordPressプラグインなので、

コピーされた先のURLがメール形式で送信されます。

スポンサーリンク

プラグインから、検索

Check Copy Contents

を検索しましょう。

有効化から、

設定をクリックします。

CCC設定について

感知する文字数ですが、

1文字から検知されますが、

超敏感:1文字

タイトル程度から:10文字

明らかなパクリ、盗作:30文字

くらいがいいかと思います。

ちなみに自分自身がコピーした内容も感知するみたいなので、

適度に導入することをおすすめします。

所感

当然ページ数が多くなると、コピーされやすく。

いい記事ほど当然コピーされます。

手動で打った場合は、検知されないので、

気にしないというのも一つの手ではあると思います。

 

スポンサーリンク





関連記事


人気サーバーランキング


おすすめ記事

自己紹介

フリーソフト好きな管理人が、自分のオススメするフリーソフトを勝手に乗せるサイトです。 ワードプレスについてはまだまだ勉強中です~。

最近の記事

  1. 2018.10.17 | freesoft

    ISOファイルを変換や作成、書き込みなど、編集できるフリーソフト
    ISOファイルを変換や作成、書き込みなど、編集できるフリーソ…
  2. 2018.10.17 | windows10

    CPUファンの回転数を設定できるソフト『 SpeedFan 』
    CPUファンの回転数を設定できるソフト『 SpeedFan …
  3. WordPress

    2018.09.30 | WordPress, サイトカスタマイズ

    自分のサイトの内容がコピーされたれた検知してくれるWordPressプラグイン(Check Copy Contents)
    自分のサイトの内容がコピーされたれた検知してくれる「Word…
  4. WordPress

    2018.09.30 | WordPress

    ワードプレス迷惑メール対策(akimet導入方法)
    ワードプレスを使っていると迷惑メールが多く来ます。多…
  5. サイトカスタマイズ

    2018.06.04 | freesoft

    広告コードをさまざまな場所に挿入できるWordPressプラグイン『Wp-Insert 』
    『Wp-Insert 』は、WordPressプラグインです…

カテゴリー