8コア16スレッドの最上位「Core i9-9900K」、インテル第9世代発表

スポンサーリンク

インテルは、開発コードネーム「Coffee Lake-S Refresh」と呼ばれていたデスクトップ向けの第9世代Coreプロセッサーを発表しました。(2018年10月8日にニューヨークで発表会にて)

https://kakakumag.com/pc-smartphone/?id=12837

個人的な感想

インテルの傲慢さ、殿様商売感がまだ出ている商品に個人的には感じます。

 

コア数、スレッド数、クロック数に対して、価格が全然魅力的に感じません。。

「Core i7-9700K」が、374ドル(約42,200円)で、8コア8スレッド 95W

という感じで、i7が価格的に主力商品になりにくいような気がする。

CPUに投資をするくらいならば、SSDを128G→256Gにするなどしたほうが、

いいような気がするのが今の自作パソコン業界を見ていて思います。

とはいえ、現状インテルCPUを利用していますが、

AMDの次世代にも期待をしています。

スポンサーリンク