自動売買fxがしたいならば、トライオートFXがおすすめ

スポンサーリンク

今は、外貨為替取引、fxは、裁量トレードが昔は一般的でしたが、

最近は、自動売買ができるようになってきました。

一番有名な、自動売買は、mt4を利用して、mt4で取引するか、

mt4を使える会社を利用して、行う方法になっています。

しかし、

しかしながら、

自動売買のプログラムが開発者しかわからないから、

どうやって儲けているか、わからない。

どうしやって負けたか分からないそんな状況にならないでしょうか。

なっている人も多いようです。

そんな時に、

トライオートFX

をおすすめしたいです。

どんな人におすすめか

これは、今まで裁量トレードをやってきた人も、

先ほど言ったように、EAをやっていたんだけどうまくいかなかった人も、

これからやったことがない人、これから少しやってみようかなっていう人も

おすすめできます。

まず、

FXの「自動売買」は色々な証券会社から出ています。

各社がやっています。

自動売買がまず、おすすめしたい点

売買する時間を取られないこと、それに冷静で客観的な判断、取引を勝手にやってくれる所です。

常に完璧な判断ができる人がいいですが、

豆腐メンタルや感情の起伏が大きい人は、裁量取引はなかなかな難しいです。

自分で決めた、もしくは、誰かが勝っている方法をマネするだけで、

マネするどころか、同じ設定、全く同じ方法でできるのが、

自動売買の魅力的です。

トライオートのおすすめできる点

しかし、トライオートをおすすめしたいのは、

設定が簡単にできる点と、

仕掛けシミュレーターがいいです。

これが大きいです。

仕掛けシミュレーターは、デモによる実績ではなくて、

実レートでできた結果+その結果、手法を、そのまま保存できて利用できる。

自分で設定した、”リピート系自動売買システム”をそのまま再現し続けるのが魅力的です。

自動売買の弱点

かなり柔軟性があり、細かい設定が可能なのが、

自動売買の特徴です。

高額EAほど細かな設定、対応をしてくれる場合が多いです。

しかし、その分、複雑な設定をしているため、

ソースコード(それを動いている仕組み)をのぞいてみても、

分からないし、問題が起きても、手直しが自分でできません。。

たいてい、お金を出して買ったものでも、ソースコードに対しての

説明が乏しく、設定を変えられない、もしくは権利を主張するなどして、

教えてくれない場合も、多々あります。

だからこそ、売り手、販売者として、商売を続けられるというのもあります。

トライオート

最後に

自動取引をある程度したい。

しかしながら、自分が考えた設定。

自分が仕組みを説明できる自動取引というのは重要だと思います。

考え方として。

勝ったとしても、負けたとしても、

どうだから負けた。勝った。

理由が大事だと思います。

いつまでたっても、そうしなければ、成長しません。

私はそう思います。

トライオート

スポンサーリンク