災害が起きる前に気をつけてほしいこと。

スポンサーリンク

災害が起きたら気をつけてほしいこと。

ということで、災害にあう前の備えについて書いていこうと思います。

まず、大事なことは、

災害から学ぶことです。

北海道胆振東部地震起きた時に、

被災者が困ったことを例として、対策をしていきます。

停電に備える。

北海道で起きた地震で困ったことは、大規模な停電が起きた点です。

今の現代の生活では、電気は欠かせない生活となっているので、

停電が起きた時の備えが大切になってきます。

smart-life ポータブルラジオ FM/AM/対応 500MaH大容量バッテリー防災ラジオ ワイドFM対応ラジオ スマートフォンに充電可能 手回し充電/太陽光充電対応/乾電池使用可能【日本語説明書付き】 (ホワイト)

災害が起きた時の情報源として、ラジオが必要ですが、
同時に、電気がないので、充電できる必要があります。

なので、充電が可能なラジオなおかつ、スマートフォンが充電できる
便利ものです。

上であげような形がおススメです。

電灯、明かりの確保

停電の家の中は、日中でも暗く、夜になればもっと暗くなります。

そうした対策として、明かり、電灯の確保が必要となってきます。

上のように、懐中電灯に水をいれたペットボトルでも、光の乱反射で、周りを照らすことができます。

次に、

暖房器具を考える。

イワタニ カセットガスファンヒーター(屋内専用:カセットボンベ別売)【暖房器具】Iwatani 風暖(KAZEDAN) CB-GFH-2

カセットガスボンベを使った暖房であれば、

電気がなくとも、灯油がなくても、使うことができます。

電気がなくても、暖をとれる方法が一つはあるのがおすすめです。

まとめ

北海道胆振東部地震の教訓に対策を書きました。

他にもガムテープや水の確保などまだまだありあますが、

今までとは違う目線で書いてみました。

参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク